どうも、Outrigger Lab 代表の小林(@outriggerlab)です。

先日、岐阜在住の画家、村上佳鈴(@M_karin21)さんと
Twitter上でいろいろとやりとりがありました。

記録も兼ねて、ここに残しておこうと思います。


芸術の「美しさ」と「新規性」













デュシャンの罠







話は「美術教育」へ



















村上佳鈴

奈良県立高円高校美術科卒
”生きる”とは何か
人間の根本的な問いと常に語り合って制作していきたい

■ HPはこちら http://karin-mame.com/
■ ブログはこちら http://lineblog.me/km_21/


最後に

小さくても声を上げなければ、何も変わってはいかないと思いましたので
あえてブログに、このやりとりを残そうと思い、この記事を書きました。

美術教育に関わる方に、ひとりにでも、届くことを願います。


* * *


なお、今回やりとりをした、村上佳鈴(@M_karin21)さんは
現在、愛知県のGALLERY龍屋(@gt2y)さんで行われております
ZEROTEN2017」に作品を出展しております。

また、活動協力をしている、カエルカバン(@kaelkaban)さんも
同展示に急遽出展することとなりました。

ちなみに友人である、峰雪(@mnyk_canis)さんも出展しております。


ZEROTEN2017

会期:2017年4月29日 (土) 〜 5月14日 (日) / 会期中無休
場所:GALLERY龍屋(愛知県尾張旭市柏井町公園通542)
時間:AM11:00~PM7:00(最終日 PM6:00迄)


こちらの展示は投票制となっております。
お近くにお住いの方、お近くにご来訪のご予定のある方は
ぜひ、足を運んでみてください。

また、ご来場いただきました際には、各作家の作品を気にかけて観ていただけますと幸いです。

なお、各作家の出展番号は以下の通りです。


・村上佳鈴:No.57
・カエルカバン:No.63
・峰雪mineyuki:No.67


もし、お気に召されましたら、ご投票くださいませ。
何卒、よろしくお願い致します。



それでは、今回はこのあたりで。

ではまた!


スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote